青色申告をしよう!どんなメリットはある方法か

青色申告のメリットの基本は控除

確定申告のときに青色申告をするメリットとして最も注目されるのが控除です。青色申告を複式簿記で行うだけで65万円の控除が得られます。もし簡易簿記で行ったとしても10万円の控除があるため、それだけでも白色申告を行うのに比べるとメリットがあるのです。行わなければならないのが青色申告を行うという点を予め申請しておくことと、実際に確定申告をするときに青色申告用の書類を使うだけであり、労力も決して大きなものではありません。

青色申告での重要な赤字の繰越

青色申告にすることによって様々なメリットが生じますが、二つ特に重要なものがあります。一つはどのような事業でも必ず役に立つ赤字の繰越です。特に初期には経費がかさんでしまうことが多くて赤字になりやすいでしょう。それを翌年に繰り越せることで節税を効果的に行えるのです。事業を展開するために予算を注ぎ込んで新しいことを行った場合にも同様のことが言えます。何かに失敗したときに赤字を作ってしまってもダメージを軽減できる役割も果たしてくれる点です。

家族を従業員にできる

家族を従業員にできるのが青色申告で重要なもう一つのポイントです。生計を一にしている家族を従業員として雇い、経費として給料を支払うことができるようになるのは家族にも働いてもらっているときには重要になります。人件費は事業の経費の中でも大きなものになるため、大幅に所得税を軽減することができるでしょう。ただし、労働の内容に見合った給与にしなければならない点には注意が必要であり、家族だからという理由で法外な給料を与えてはなりません。

個人事業主は毎年納める税金を申告する必要があります。青色申告は65万円の控除を受けることが出来たり、赤字を翌年以降に繰り越してその後の税金を軽くすることが可能です。