意外と実行していない仕事で大事なこととは

準備に力を入れる人入れない人の違い

仕事を効率的にこなすためにはどのような事が大事でしょうか。もし、効率的に、そして正確に仕事ができるようになれば、その人はきっと将来出世をするでしょうし、他の会社に転職をしてもやっていけるはずです。では、効率的に仕事ができる人とできない人の違いは一体なんでしょうか。その違いを生むのは仕事の準備になります。仕事は準備8割と言われており、その日の仕事の結果の8割は準備できまるとう内容です。以下、例を見ていきましょう。

仕事ができる人の共通点

仕事ができる人の共通点が一つあるとすれば、準備をしっかりとしていることです。もちろん才能などもあることは否定しませんが、才能はよほど高いレベルにならないと違いとして出てこない物です。できる人は、ルーティンワークなどでとにかく準備をしっかりしているのが分かります。現場を仕切っている人は、その前の日にしっかりとどこに誰を配置するのかの準備を整えておきます。一流の講師といわれる人は前の日にしっかりと復習をしてどんな質問にも答えられるようにしてものです。

どのようにしたら効率化を図れるか

仕事ができる人の例を見れば分かりますが、私たちの仕事の結果の違いはホントちょっとのことにあります。それは人よりも準備がしっかりできているかどうかなのです。例えば、もし、作業を今よりも効率的にしたいのであれば、人よりも10分早く職場に来てその日の準備をしてみてはどうでしょうか。あるいは、前の日に次の日の準備を十分してから帰宅をしてみてはどうでしょうか。これらの事を心がけるだけで、仕事の効率は一気に上がり、できる人の仲間入りをするでしょう。

ワークフローとは、業務を円滑に進めるために流れ図などの図式を利用することです。作業内容を図にすることにより、より効率的に業務を遂行することが出来るようになります。