もう失敗したくない!家庭用プリンターでミスなく印刷するチェックポイント3選

1.紙の向きは合っているか?

年賀状や暑中見舞い等、裏表のある印刷で失敗が多いのが、『紙の向き』です。裏と表で上下が違ってしまうのは悲しいですよね。紙の向きを間違えないためには、テスト印刷をしてみることがおすすめです。また、初心者は裏表も間違ってしまうことが多いので、出来れば実際と同じ紙を利用してテスト印刷出来れば安心です。プリンター用紙の多くは裏表で質感や色味が違うことが多いですからよく注意することが大切です。ハガキの場合は、100円均一等でも無地のポストカードを売っていますので、それを利用すると便利です。

2.インク切れは大丈夫?

家庭用プリンターで多いのが、『インク切れ』のトラブル。近くに家電量販店があれば簡単に調達することが出来ますが、誰しもが家の近くに家電量販店があるわけではありませんよね。印刷の前にはインクの予備を容易しておくことが大切です。また、プリンターは4色を混ぜて印刷しているため、特定の色が多いからとその色の予備だけ容易しておくのも危険です。できるだけ全ての色のインクを容易しておくようにしましょう。それから、型番違いのトラブルも多いですから、購入の際にはよく確認して購入しましょう。

3.紙詰まりは大丈夫?

家庭用プリンターで特に多いのが紙詰まりのトラブルです。紙が折れて詰まってしまったり、2枚以上同時に送られてしまって中途半端な印刷のものが出来てしまったり。100%は防げないので紙はなるべく多めに容易しておくようにしましょう。紙詰まりの予防には、『紙を入れすぎない』『プリンターに入れる前に紙の間に空気を入れる』等が有効です。また、紙が折れて詰まってしまった際には、焦らず落ち着いて対処するようにしましょう。どんな複雑なつまりも丁寧にやればしっかり取り切れる場合がほとんどです。もし取り切れなかった場合にすぐに修理に出せるよう、プリンターの保証書の保管も忘れないように気をつけましょう。

封筒印刷の場合、インターネットを活用しながら専門業者へスムーズに依頼できるため、急いでいる場合やコストを抑えたい場合などに大変有効です。